Home

はじめにお伝えしておきたい事

おのえ音楽教室 (旧タニヤマギター教室) のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

当教室は、閉店後のカフェスペースを使ってレッスンいたしますので、リハーサルスタジオや他の音楽教室様のような音楽的雰囲気は一切ありません!

ですので音楽スタジオのような雰囲気をお求めの方は、他の教室様をお勧めいたします。


雰囲気ももちろん重要だと思いますが、おのえ音楽教室は「技術」「知識」「情報」の提供を、レスナー様目線ですることが1番大切だと考えております。

東大阪にある おのえ音楽教室 (旧タニヤマギター教室)へようこそ!

 

尾上音楽教室には現在3名の講師たち(ギター2名、ピアノ1名)が在籍しており、講師全員が

「効率良く上達するには」

「正しい姿勢、フォーム」

をとても大切にしてレッスンを進めてます。

こんな方にオススメ

  • 基礎からしっかり学びたい
  • なかなか弾けるようにならない
  • 楽器を通じてコミュニティーを広げたい
  • 昔弾いていたけどもう一度やってみたい
  • 家族やお友達と楽しみたい
  • コードなどは弾けるけど、そこからどうしていいかわからない
  • 独学で練習しているが、変な癖がついていないか不安
  • ジャムセッションやライブに参加してみたい

おのえ音楽教室 について

1  一人ひとりに合ったレッスン内容
 
「弾き語りがしたい」
「バンドが組みたい」
「家族や友達と一緒に歌いたい」
「退職後の趣味がほしい」
「急遽文化祭で演奏することになった」

など楽器を演奏するといっても様々な理由があります。

おのえ音楽教室 では、一人ひとりに合ったレッスン内容を考えていきます。

「急遽文化祭で演奏することになった」などの場合は、弾きやすいようにアレンジもできますので、お気軽にご相談ください。

2  効率良く上達

楽器がなかなか弾けるようにならない人のほとんどは、非効率なフォームで練習しています。

当教室では常に効率的なプレイフォームを意識してレッスンしていきます。

出したい音が無理なく出せるようになると、1曲習得するまでの時間がグッと短くなります。

3  リーズナブルな金額

おのえ音楽教室ではリーズナブルな料金設定を心がけております。
講師によって料金が違います。こちらで料金システム詳細をご確認ください。
 

楽器の貸し出し (無料)

レッスン時の楽器レンタルも無料ですので、まだ楽器をお持ちでない方や雨の日、お仕事や学校帰りのかたも手ぶらで大丈夫です!

 

代表ご挨拶


この度は おのえ音楽教室 のホームページにおこしいただきありがとうございます。

代表兼、ギター講師の 尾上貴春(おのえ よしはる)です。


私は高校1年の時にギターをはじめました。

幼少のころ少しピアノを習ったことがあり、音楽に対してまったく根拠のない自信があったため、最初の2年は独学でギターを練習していましたが、思うように上達しませんでした。


悩んだあげくギター教室の門を叩いてレッスンを受けはじめたのですが、初回のレッスンで「ギターの構え方」「ギターの調整」など今まで気にもしなかったことを教えてもらい、衝撃を受けたことを今でも覚えています。


よくもまあこんな弾きにくい姿勢とギターで2年も続けてきたなと…


その時「気合い」だけでなく「知識、情報」の大切さを知りました。



ギターは、バンドでエレキギターソロや1人でアコースティックギターの弾き語りなど、とても表現の幅がひろい楽器の一つで、誰もが1度は弾くまねをした事があると思います。


そんなギターは当たり前ですが指や手、体を動かして音を出します。



体を動かす点はスポーツと同じなのですが、スポーツ選手が人体の構造を勉強し効率よく動くための研究をするに対し、楽器はそこまで気にしていないというのが現状です。


例えば、頭の上にギターをもち上げて弾くのと、姿勢よくイスにすわって弾くのでは全然上達のスピードが違います。


持ち上げて8時間練習しても、姿勢よく1時間練習した人より上達は遅いでしょう。


それどころか変な癖がついてしまい今後どれだけ練習してもなかなか上手くならない、なんてことも起こります。
( 先ほども言いましたが昔の私です ) 


これはわかりやすく説明するための極端な例ですが、実際にはほんのわずかな手の角度のちがい、姿勢のちがいで指が動いたり動かなかったり大きく変わってきます。


なんだかスイスイと上達する人は、体を効率よく動かすことを無意識にできている人たちです。

思い出していただきたいのですが皆様が小学生のころ、サッカーが上手な子は野球、それ以外のスポーツも上手だったはずです。

その子たちはそれぞれの競技を頑張って練習したわけではなく、体を効率よく動かせているからすぐにある程度はできてしまうのです。


楽器も同じで、体を効率よく動かせるようになると出したい音をすぐ出せるようになるので、1曲を習得するまでの時間がグッと短くなります。


演歌、歌謡曲、ブルース、ジャズ、ポップス、ロック、色々ありますがギターを弾くための体の使い方は皆同じです。


効率よく上達して、たくさんの人とたくさんの曲を弾きましょう。



そして豊かな音楽生活をおくれるよう少しでもお手伝いできれば幸いです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

おのえ音楽教室代表
尾上 貴春

タイトルとURLをコピーしました